« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

ノートパソコンのハードはSSDがお勧めですよ。

皆さん、ノートパソコンのハードディスクをSSDに交換するといいですよ。

SSDとは、フレッシュメモリドライブの略で、
ハードディスクに変わるストレージデバイスとして注目を集めています。

ノートパソコンのHDD交換が可能なのは最近の機種にはなりますが
できればSSDを選ばれるか交換されるといいですよ。

SSDだと何が良いのかと感じると思いますので、良いとこ等を書いてみます。

・データが失われにくい(耐衝撃性が高い)
・起動や読み書きが速くなる
・消費電力が少ない
・SSDは最新のハードディスクで高価でしたが最近安くなりました。
・通常HDDは40GB以上あるのですが最近はSSDも32GB等が出だしました。
・動作音がとても静か

以上のような良いとこがあります、私も実際現場用のノートはSSDです、私の場合は
現場やお客様の所でいつでも電源を入れて作業するので高速でまた衝撃にも強い
SSDが最高ですね。
特に車の中とかに積んで移動する方は是非お勧めします。
HDDは落下衝撃には非常に弱いのです、仮に20cmの高さからHDDを落とす実験を
したらもう読み書き不能となるようです。 ただしそれは単体での実験なのでノート実機ではないですが、それにしても不安ですよね。

是非、購入の際は参考にされてください。

2010年10月30日 (土)

今日の現場でのプリンターのトラブル情報

本日、ノートパソコンの故障で修理をお預かりしたお客様なのですが。

ノートを修理で預かるので代わりのパソコン(WIN7)を用意しプリンターをつないだそうなのですが事務所内の大型のEPSONプリンターがWINDOWS7につなぐと
印刷がエラーになるんですと聞いて、確認してみたのですが。

ドライバーなどはEPSONのサイトからWIN7_32bit版が提供されているので間違いは無いのですが印刷ができないのです。 そこでお客さんはWIN7をあきらめてもう1台のWindows_XPにもつなげてみたのですがなんとこれもエラーになるんです。

私が伺ったときはこんな感じで説明を受けました。

さて、どうか中を確認していくとどこにもパソコン上のエラーはやはり見当たりません。
いろいろ検証して結果対応策を見つけたのですが、結構マニアックな情報なのでお伝えしとこうと書きます。

1つは、ダライバー等はそれぞれの仕様で間違いは無いのですが、このプリンターはWIN7が出る前の商品で対応はXPだったんですが、WIN7が出てメーカーはWIN7用のドライバーを提供しているのですが、プリンターの情報交換のためのコマンドが微妙にずれているようです。

なので、混在で使用するにはUSBで接続した後、プリンターの監視機能のプリンター情報をそれぞれの詳細設定から更新後印刷をしないとコマンドエラーで止まるようです。

EPSONの場合
EPSONプリンタウィンドウ!3という監視機能があるのでその中の詳細設定でプリンターの状態を更新していくとうまくいきます。つなぐOSを変えるたびの更新しないといけません

2010年10月18日 (月)

パソコンをWindowsからLinuxへ変えてみませんか・・・!

現在、皆さんがお使いのOS(オペレーション・システム)はWindowsがほとんどですね。種類はWindows2000・WindowsXP・Vista・Windows7等だと思います。

この10月からは世界中のメーカー製パソコンはWindows7だけとなりました、ただカスタマイズPC(自作PC)に関してはマイクロソフトはWindows7_Pro購入でダウングレードを申請すればWindowsXP_Proの供給はしてくれるのですが、一般の方が購入するのは無理ですね。

そこで、パソコンライフではクライアントをWindowsではなくオープンソースのLinuxの導入もお勧めしています。

Linuxは少し古いパソコンでもインストールできますし、インターネットとメールはもちろんの事、OfficeソフトもOpenOfficeが使えますWindowsのソフトは使えませんが、工夫すれば導入コストもかからず快適な作業ができると思います。

社内に最低1台のWindowsがあれば他はLinuxでも良いのです。

以前、関東のほうでニュースにも出ましたがお役所全体をLinuxに変えて成功されています。

工夫次第で可能だと私も思います。パソコンライフは皆さんのLinux導入のお手伝いも惜します致しますので、ご連絡ください。

参考ページ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20060428/236610/

http://www.nec.co.jp/linux/ipa/summary.html


私のお勧めLinuxは Ubuntu10.04ですね、 ウブンツと言います。

2010年10月17日 (日)

マイクロソフトから提供の無料ウイルスソフトご存知ですか!

皆さんはパソコンにどんなウイルスソフトインストールされていますか?
有料もありますが無料も多くありますね、しかしこのマイクロソフトが出している「Security Essentials」は、正規品のWindows XP・Windows Vista・Windows 7に対応している無料のソフトとなっており、なんとなく安心できる気がしますね。

最新のPCではなく、古いPCやネットブックのような環境で動作させることも考慮しており、CPUやメモリ使用量は最初からある程度制限済み。また、常駐してリアルタイムに保護する際も可能な限り軽く動作するようになっており、「Dynamic Signature Service」によって常に最新のウイルス定義ファイルに更新されるようになっているそうです。

そもそもマイクロソフトは基本的に自社はあくまでもプラットフォームとなるOS、すなわちWindowsを提供することに徹し、その上で動く各種ソフトウェアについては他社に任せるという姿勢でした。そのため、マイクロソフトはソフトウェア開発者のメリットになるようにさまざまな環境を提供してきたわけですが、Firefoxの登場によってInternet Explorerのシェアが脅かされ始めた頃からその方針を一部変更するようになりました。特にWindows Vistaからはユーザーの利便性だけでなくセキュリティにもかなりの配慮をし始めており、これまでも無償で「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」を提供してきています。しかし、やはりそれだけでは不十分と考えたらしく、ついに今回、ウイルス・スパイウェア・マルウェア対策の無料ソフトとして「Security Essentials」が提供されるようになったというわけです。

ダウンロードとインストールは以下からどうぞ

http://www.microsoft.com/security_essentials/

2010年10月10日 (日)

今日の休憩はスタバでした

今日の買い物の休憩は小倉南区サンリブシティのスタバでした。

シナモンロールとアイスカフェラテをいただきました。

おいしくて良い休憩となりました。

Ph_34_1

2010年10月 9日 (土)

最近よく聞くLED液晶モニターってなに?

ここ最近液晶モニター業界では、LEDバックライト液晶の新製品がちらほら出始めています。そもそもLEDバックライト液晶ってどんな液晶なの?普通の液晶とどこが違うの?などなど気になるところをまるごとレポートします!!

■ LEDバックライト液晶ってどんな液晶?

通常液晶モニターのバックライトは「冷陰極管」、いわゆる蛍光灯を使用したものが大半でしたが、最近はこのバックライトにLEDを使用する物がでてきました。
それがLEDバックライト液晶です。

特徴は
①省電力 ②明るいのに熱くなりにくい ③薄くて軽い
という3つになります。

■ ここがすごいLED!

なんといっても省電力!
従来の液晶モニターよりおよそ3分の1の消費電力で済むので、長時間の作業でも安心!!
電気代も抑えられて地球にも家計にも優しいですね♪


■ 筐体がとにかく薄くて軽い

LED自体が非常に小型であるため、従来品よりも薄くて軽い筐体を可能にしました。
薄くて軽いから、ちょっとしたモニタの移動でも楽々!!女性の方でも簡単に出来ちゃいます。

画像を見て左2台がLED液晶です、従来品との差が分かりやすいですよね。 Ledyok

快適動作のLinux、最新のUbuntu10.04をSSDで動かすと。

快適に動くLinuxのUbuntuですが10.04をSSD-8GBに入れて起動するとなんと15秒で起動します、驚きの早さですね。私はそれで立ち上げ、内臓のRdesktopという機能を使うとLAN上のWindowsXPを遠隔操作できます。これで使うと完全にWindowsを実際に操作しているかのように動くので最高だと感じますね。

会社などでこれを利用するイメージを考えると

専用のアプリなどを組み込んだWindowsXP_proを立てておき、クライアントするパソコンは快適なUbuntu10.04を動かし、インターネットやメールで使い追加でオープンオフィスなどいれ必要のあるときは、Windowsを遠隔操作するのが1番ですね。

Linuxだと少し古い機種でも動きますし、新しく入れ替えると考えた場合今はWondows7しかないのでこの際、Linuxを使い経費削減してはいかがでしょうか。