« Windowsの終了やログオフを高速化する「User Profile Hive Cleanup Service」 | メイン | Excelで開いたブックが表示されない »

2012年7月 8日 (日)

起動すると『 NTLDR is missing エラー』となる場合の対処法

「NTLDR is missing」エラーとは?

Windows を起動するために必要な「NTLDR」ファイルが見つからないというものです。それではなぜ見つからないかというと…

1 ハードディスクの持つ情報が壊れている
2 Windows の ntldr ファイルが壊れている
3  BIOS が書き換わった

以上のような場合このエラーが出る場合があります。

症状としてはかなり深刻な状態と考えた方がいいでしょう。

対処法もありますが、大事なデータ等がある場合は慎重に検討してください。

「NTLDR is missing」エラー発生時の対処方法

まず影響のない「 BIOS 」設定から確認します。その後で回復コンソールを使い、Windows のセットアップ CD から「NTLDR」ファイルをコピーします。

回復コンソールを使い「NTLDR」ファイルをコピー

Windows のセットアップ CD 又はフロッピーでパソコンを起動します。すると自動的に「 Windows Setup 」が始まります。

1

「セットアップの開始」画面が表示されたら、キーボードの「 R 」ボタンを押します。

2

次の画面で「キーボードの種類」が求められるので、画面の指示に従って選んでください。ちなみにわからない場合は、キーボードの「半角/全角」ボタンを押します(普通は 106 日本語キーボードです)。

3

回復コンソールが起動します。キーボードの「1」ボタンを押して、「Enter」ボタンを押します。もしパスワードの入力が求められた場合は、パスワードを入力します。

4

次に「 cd c:\ 」と入力し、キーボードの「 Enter 」ボタンを押します。続けて同じように「 copy D:\i386\NTDETECT.COM 」と入力し、キーボードの「 Enter 」ボタンを押します。繰り返し「 copy D:\i386\ntldr 」、「 copy D:\i386\bootfont.bin 」、「 bootcfg /rebuild 」と入力します。ちなみに DVD/CD ドライブの割り当てが「E:\」の場合は、「D:\」部分を「E:\」に変えて入力します。

5

最後に「EXIT」と入力すると、パソコンが再起動するので、正常に起動するか? を確認します。

上記手順で駄目な場合最後にこれを実行してみます

上記手順で回復コンソールを起動します。次に「 cd c:\ 」と入力し、キーボードの「 Enter 」ボタンを押します。続けて同じように「 fixmbr c: 」と入力し、キーボードの「 Enter 」ボタンを押します。繰り返し「 fixboot c: 」と入力します。最後に「EXIT」と入力し、再起動します。

この処理で起動しない場合、業者へ依頼してデーターの復旧を考えて下さい。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。