« Windows Updateトラブル解決方法 | メイン | 起動すると『 NTLDR is missing エラー』となる場合の対処法 »

2012年7月 7日 (土)

Windowsの終了やログオフを高速化する「User Profile Hive Cleanup Service」

Windowsの終了時に画面に「設定を保存しています...」が長時間表示されたまま固まったようになり、なかなか終了やログオフができなくなった場合、マイクロソフト製のフリーソフト「User Profile Hive Cleanup Service」を使えば即座に終了できます。

要するに実行中のプログラムが使用しているレジストリを解放せず、結果としてユーザーセッションを終了できなくなるのがよくある原因。原因となるサービスやソフトウェアを特定できればいいのですが、普段はあやしい挙動をしていないのに時々何かのタイミングでそうなってしまう場合もあるようです。そのため、いつでもすっきり終了できるよう、インストールしておいて損はないはずです。

実行手順

1.インストーラをダウンロードして起動したら実行する

2.メニューに答えながら進む

3.インストールされて動いているか確認するため、「ファイル名を指定して実行」に「services.msc」と入れて「OK」をクリック。

4.「サービス」というウインドウが表示され、一覧の中に「User Profile Hive Cleanup Service」があり、状態が「開始」であれば大丈夫です。


マイクロソフトダウンロードサイト
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=6676


Windows強制終了ボタン作成

1 デスクトップ上の何もないところで右クリック
2 新規作成 → ショートカット
3 「項目の場所~」に「%windir%\System32\shutdown.exe -s -f -t 0」と入力(コピペしてください)
4 「次へ」ボタンをクリックし、「完了」ボタンをクリック

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。