« 2012年11月 | メイン | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月20日 (日)

Windows 7でWebDAVサーバーをネットワーク・ドライブとして使う方法

Windows XPではWebDAVをネットワーク・プレースとして使えますが、windows7ではWebDAVをデフォルトでは使えないような仕様になっています、しかしレジストリの修正で接続は可能となります。
(Windows7のWebDAV方法)
1.レジストリエディタの起動
Windowsのメニュー下部の「プログラムとファイルの検索」に
「regedit」と入力し、表示されたプログラムを実行します。
2.レジストリ設定値の変更
画面左側のエクスプローラから、
「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SYSTEM」→「CurrentContronlSet」
→「Services」→「WebClient」→「Parameters」を選択します。
画面右側に表示された「BasicAuthLevel」をダブルクリックし、
設定画面を開きます。
「値のデータ」を「2」に変更し、「OK」をクリックします。
3.PC再起動2
設定を変更したら、一度PCを再起動します。
4ネットワークドライブを割り当てる
Windowsのメニューに表示された「コンピューター」を右クリックし、
「ネットワーク ドライブの割り当て」を選択する。
フォルダ-(O)のところにWebdavサーバのアドレスを入力し、別の視覚情報を使用して接続する
の部部のチェック窓にレ点をつけて完了を押す。
その後、聞かれたユーザー名とパスワードの入力を入れてOkで完了です。
これでいつもマイコンピュータにドライブとして登録が出来ます。
注意! この方法を実行するに当たっては自己責任でお願いいたします。